矯正歯科で使われる様々な道具

矯正歯科で歯列矯正をする場合、矯正のために様々な道具が使用されます。まずメタルですが、これは最も一般的な矯正の道具です。歯列の表側に装着する金属製の矯正器具で、ネットでの情報も豊富にあります。従来から使用されてきた道具なので、矯正歯科にかかる費用が安いというメリットがあります。次に矯正で使われる装置がマウスピースです。定期的に矯正歯科でカバーを作成し、少しずつ歯を美しいラインまで動かしていきます。透明なので、装着しても目立たないというメリットがあります。従来のメタルで矯正を行うか、それともマウスピースを使うかは、歯科医師と患者で相談して決めます。矯正歯科で子供の歯列矯正を行う場合は、保護者もこれらの道具の情報を知っておく必要があります。マウスピースの場合は、取り外しができるという利点もあります。その他、アイテロと呼ばれる最先端のマウスピース矯正を行っている矯正歯科があります。アイテロでは、マウスピース作成のための歯型を3Dスキャンによって取ります。この機器を使用している歯科は多くありませんが、使用しているクリニックはネットの情報などで調べるとわかります。アイテロでは、事前に治療後の歯並びのイメージが確認できます。

矯正歯科の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP