矯正歯科の道具の費用について

矯正歯科の道具にかかる費用

矯正歯科で使用される矯正装置

矯正歯科で用いられる歯列矯正の道具には、多くの種類があります。従来の金属を歯の表面に装着するタイプは、費用の点ではリーズナブルですが、見た目を損なうという理由で需要が落ちています。一方、費用は若干高めですが、見た目が気にならない審美ブラケットの需要が、矯正歯科では高まっています。このブラケットは透明感のある薄い白色で、歯の表に装着します。この道具自体は見えますが、金属ブラケットより目立ちません。またセルフライゲーションブラケットも、最近、矯正歯科で人気のある矯正の道具です。費用に保険は利きませんが、痛みが少ないのがメリットです。このブラケットでは、これまでの矯正装置より、ワイヤーとブラケットの間の摩擦力を抑えてあります。矯正も効率的に行えるため、矯正歯科でも積極的に取り入れられています。この方法では通院回数が少なくなるため、特に多忙な人に適しています。その他、裏側に矯正器具を装着する舌側矯正と呼ばれる方法があります。これはリンガルブラケットと呼ぶこともありますが、歯の裏側に装着するため、矯正歯科の医師の技術力を必要とします。そのためこの方法を選ぶ場合は、経験豊かな歯科医であることが望ましいです。

矯正歯科の基礎情報

↑PAGE TOP