矯正歯科の道具の種類とは

矯正歯科で使う道具の種類を知る

矯正歯科に使う道具の種類とは

矯正歯科に使う道具にはワイヤーやブラケットがあります。また、ワイヤーを使わないワイヤレスなものや歯の裏側につけるものもあり、患者の希望によって矯正歯科では種類を使い分けています。道具の種類を見ていきます。金属ブラケットは歯の表側にくっつける装置で、多くの人がイメージしやすいものです。とても丈夫でさまざまな症状の不正咬合治療に適応でき、ほかの装置に比べて安いです。ただし銀色で他のものより大きいため目立ってしまいます。審美ブラケットは白や透明で装置自体は表側にくっつけますが目立ちません。矯正歯科で金属ブラケットと同じくさまざまな症状に適応でき、非金属でできているため、金属アレルギーでも使用できます。金属ブラケットと比べると少し強度が低く値段が高くなります。セルフライゲーションブラケットは今までの表側にくっつけるものよりもワイヤーとブラケットの摩擦の力をより軽くしています。痛みが緩和したり効率的に治療でき、通院頻度も少なくすみます。今までのものより少し高額で大きいです。裏側矯正は文字通り歯の裏側にくっつけます。表から見えないため他の人に気づかれることがないですが特殊であるため歯科医師の経験が必要とされます。矯正歯科では他にもさまざまな種類の道具で歯並びを治しています。

矯正歯科の基礎情報

↑PAGE TOP